春の到来と共に日本へやってくるツバメ。

南の国から海を越えて繁殖のために来るわけですが、不思議なことに何千キロも離れた場所から、迷うことなく巣作りに訪れます。

また、日本人がツバメに持つ独特なイメージはどこからくるものなのでしょうか。

ここでは、ツバメの持つ謎や不思議についてご紹介します。

ツバメ 謎 不思議

渡りの不思議やイメージの謎

暖かい場所と寒い場所を行き来する鳥の行動を渡りといいます。

ツバメもこの行動をおこなう渡り鳥で、日本が冬の間は南国で過ごし暖かい春になると戻ってきます。

あの細い体で長距離を飛べる能力自体が謎と呼べますが、不思議なのは向かう場所の方向や方角を知る能力です。

人の近くに巣を作るため身近に感じられるツバメですが、他にも身近にいる鳥にスズメがいます。

昔から不思議なことに、ツバメは良い鳥の益鳥とされ、スズメは悪い害鳥とされています。

これはどのような理由からなのでしょう。

迷わず飛べる不思議

日本で冬を越す一部のツバメを除き、日本が寒い時期にはフィリピンや台湾などに移動し、暖かくなると日本へ移動します。

この2000~3000kmにも及ぶ移動距離の方角をどのように知っているのでしょう。

移動や渡りについてはさまざまな研究がすすめられており、移動する際の地形などを記憶しているという説もありますが、太陽の位置で方角を知るという説が有力とされています。

人も太陽の位置で、おおよその方角を知ることができます。

ツバメが目的地に向かう時間帯は、日中の太陽がでているときです。

昇っている太陽の位置で方角を知る説には説得力がありますね。

スポンサードリンク

イメージの謎

日本では昔から、ツバメは益鳥でスズメは害鳥と呼ばれています。

これは、日本が米などの穀物が主体で栄えた国だからです。

スズメは米などを食べ農耕に被害を与えますが、ツバメは穀物を痛める害虫だけを食べます。

このため、ツバメがくると良いことがあるというイメージが定着しました。

また、人の近く多いところに巣を作るため、縁起をかつぎ繁盛につながる鳥としてイメージもあります。

まとめ

ここまで、ツバメの持つ謎や不思議について紹介しました。

いろいろな研究や調査はおこなわれていますが、まだまだ謎や不思議がたくさん残っているようです。

また、日本人だけがツバメに特別な思いがあるように感じますが、物語や童話、エンブレムに用いられるなど、海外においても身近な存在のようですね。

スポンサードリンク