楽しみにしていたツバメの巣の卵の孵化。でも巣から落とされています。

誰が卵を落とすのでしょう?調べて見ましょう。

実親

せっかく産まれた卵。孵化するのが楽しみですよね。

でもその卵を落とされ、殻が割れ黄身が出ている。

非常にショックです。

俗にツバメの子殺しなんて嫌な言葉があるくらいです。

育児が出来ない何らかの事情があるのも知れませんが、くちばしで咥えてそのまま落とすことが普通にあるのですね。

メスとつがいになりたい他のオスによって落とされる。

自分の子孫を残す事しか考えていないので、前のオスの卵が邪魔になって落とす。

残酷だけどあることだそうです。

ツバメ 卵 巣 落とす

天敵

大型のカラスなどの天敵だけでは無く、スズメもツバメの巣を狙っています。

スズメはツバメの巣の近くに自分達の巣を作ることもあるようで隙あらばツバメの巣を横取りしようとしているスズメは卵を落とすことがあるようです。

スポンサードリンク

まとめ

色々と調べて来ましたが、親によって卵を落とされる理由は解りません。

ツバメにも間引きというものがあるのかもしれません。

ツバメにはこんな非道な事をするものもいますが、大抵のツバメは日々飛び回ってヒナを一人前にするために大奮闘しているようです。

その姿を人間は古代から見ているので、現代においても大切にするような言い伝えがあるのです。

ツバメの方も人間には巣を壊されないし、天敵を追い払ってくれるので人家に営巣をするようになりました。

もし卵が落ちていて大丈夫そうだったらそっと巣に戻してあげましょう。

もしかしたら何らかの衝撃があって落ちたのかも知れません。

巣がある家の方はフン予防に何かされていると思います。

その設備をもう少し強化すれば卵を守ることが出来るでしょう。

親が卵を落とすのを防ぐことは出来ませんし、理由など分かりませんが、万が一の時は助けられたら良いですよね。

小さいけれど尊い命ですので大切に見守って行きたいものですね。

スポンサードリンク